ハッピーライフ

いい上司なんだけど…たまにキズ…扱いにくい気分屋な上司の対処法。

投稿日:2018年8月21日 更新日:

こんにちは。

今日はなんだか心がモヤついて、モヤモヤモヤモヤ…と一日中…

あぁぁぁ~!

すっきりしな~~~い!!!

なんだなんだ??

オランダの彼のことで私はまた悩んでいるのか!?

>>関連記事:告白されて付き合ってみることに…でも…いい人なのに好きになれない…この状況を自己分析します。

ということで、友達とのウォーキングを終えて家に戻り、シャワーを浴びて、スマホを眺めながら、改めて落ち着いて考えてみたところ…

何にモヤついているのかが判明しました。

原因は、会社の上司でした…(´・ω・`)

ちゃに
えー!全然恋愛事でもなんでもないし!
いや~実をいうと、久々にこういう感情を抱いてさ、あーこの感覚久しぶり~って感じなのだ!
ぴのこ

というわけで、今日は私のこのモヤモヤの元凶である職場の上司の話をベースに、人の振り見て我が振り直せの精神を自分でもしっかり見直そうではないかという話をしたいと思います。笑

最初はとっても好印象だった正社員さん。

はい。

何がどうして職場の上司にモヤモヤさせられているのかといいますとですね。

その方は正社員の女性、私はパートさん。

その方は50代前半、私は30代前半(半ば…ともいう)。

そんな感じなのですが、この正社員さん、最初に面接をしていただいた時の印象はとっても良かった。

私は面接をされていた側ではあったわけですが、こっちだって相手のことを見るいい機会なので、じっくりと逆面接をさせてもらってました(*´ω`*)

色々と人生経験をしたことによって、今の私はこういった場面で緊張するといったことがまったくない性格でして、かなりぱっと見余裕かまして面接を受けに来てるように見えていたかもしれません…。

本来であれば30分を予定していたらしい面接でしたが、その方も色々と私の経歴に興味を持って突っ込んできてくれるので(私の経歴をザッと知りたい方は自己紹介へGO!)、イギリスへの語学留学、ボランティア留学のことなど、色々と話させてもらいました。

もちろん勝手に話してたわけではなくてですね、聞かれたから話しただけですよ?(´・ω・`)
ぴのこ

結果、面接は1時間に渡ってしまい(笑)、その方は「ああ~ペースを崩されたぁ~!汗」と言ってらっさいました。

私の勝利が見えた時でしたね…(´・ω・`)笑

 

というわけで、その方にとーっても気に入っていただき、お墨付きをいただきつつ、無事面接に合格して働くこととなったのですが、なんといってもわたくしただのパートさんなのでね。

気楽に働かせていただいております。

で、面接の時の印象がとても良かったので、私はその正社員さんのことをとっても気に入っていました。

 

…のですが。

入社してから約5ヶ月。

色々と見えてき始めたわけですね…(-ω-)

意外にたまにキズな人だった…

私は普段はその方とはあまり絡むことがないのですが、その方に幸か不幸か、かなり見込まれてしまい、一緒に入った他の2人の同僚がまだ一つの単純作業の仕事しか与えられていない中、次から次へとちょっとレベル高めの仕事を与えられるようになりまして。

とは言え、パートさんでできる仕事なので、全くもって難しくもなく、やり方さえ覚えてしまえば難なくこなせる仕事なので、それについてはストレスになったりなどは全くしていません。

が。

ここにきて、意外なところでストレスが…。

その正社員さん、いつも言うんですよ。

分からないことがあったら聞いてくださいね。分からないまま仕事を進められるより、聞いてもらった方がいいので。確実な答えが自分で分からない時には、遠慮せずに聞いてください。

と。

ちゃに
あらま~~なんていい正社員さんなの☆そんなこと言ってくれたらとっても仕事がしやすそう!
…と思うでしょ??それがねぇ…そうは問屋が卸さなかったわけさ…(-ω-)
ぴのこ

何せまだ仕事を引き継いだばかりなため、色々と線引きがあいまいなところや、実際聞かないことには先に進めないものだったり、パートである私が判断できることではないことだったりすることが結構出て来たりしたわけです。

そんな時に、いざ質問をしに足を運ぶと…

都度、とってもウザそうに対応してくれるんですねー爆

常日頃から、「分からないことがあったら聞いてくださいね☆」と自分でいちいちことあるごとに言っている割に、いざ聞きに行くと、「そんなことで聞きに来たの?」オーラをガンガン出されるわけですねー(-ω-)

ちゃに
そんなに頻繁に聞きに行ってるわけでもないんでしょ?
もちろんだよ。必要最低限でしか聞いてないんだけどね~。
ぴのこ

そもそもが処理内容の線引きがはっきりしておらず、あいまいになっている部分についての判断を仰ごうとしたり、私がただ単に「わからなーい」と何でもかんでも聞いているわけではなく、私には決められないこと、判断できないことをメインに聞いているのですが、それに対しての対応が非常に悪い。

オーラがもう、バシバシ出てるんです。

ウザそうな、めんどくさそうな、早くして忙しいんだから的なみたいなそんなこんなな感じ。

そういう態度をされると、こちらとしても凄く仕事をやりにくい。

かつ、最初好印象を抱いていただけに、その方の株は私の中では急下降。

しっかりと判断なり、線引きなり、アドバイスなりを貰わなければこちらとしては進めない。

ちゃんと対応してくれないのであれば、じゃぁ私、聞かずに進みますからね?

間違ってもわたしゃ知らないよ?

ってなことになるわけです。

それなのに、また「分からないことがあったら聞いてくださいね。」と繰り返す。

ちゃに
何なんだろうねそれって。
何なんだろうね。ちゃんと仕事してほしいのしてほしくないのサポートしてくれるつもりなのしてくれないつもりなのどっちなんだいって感じなんだよなぁこっちからすると。
ぴのこ

ちなみに私が編み出した対処法は…

というわけで、そんなことが職場でありまして、それでモヤモヤしているんだということに結論着きました。

しかし。

そんな彼女のそういう態度に毎回嫌な気持ちにさせられる私が編み出した(?)対処法があります。

何度めんどくさそうな態度を取られても、「は?そんなの知りませんがな。」という態度で気にせずガンガン聞きに行く。

ということ。爆

この問題はもう完全に、相手が気分屋だというだけなんですね。

同僚もみな彼女のことを恐れているのですが、彼女自体がものごとをはっきりという人で、白黒が本当にはっきりしている。

と、いうことは、こちらもそれでいけばいいわけですね(´・ω・`)

オドオドしているとイラつかせるだけになるし、かといって彼女に質問することがめんどうだと思ってそこをはしょってしまえば仕事にならない。

ここは堂々と自信満々で尋ね、むげな態度をとられたとしたら、それはそれでこっちも「あっそ。ま、それはいいから、で、答えは?」というくらいの勢いでしら~っと爽やかに攻めの姿勢で行く。

これが一番いいんじゃないかと思ってます。

というか、そうしています。爆

とか言いつつ、もちろん相手はベテランの社員さん、こちらは入社してまだ5ヶ月のホヤホヤのパートなので、腰は低く、相手をきちんとリスペクトしてかかるわけですが、キツイ言い方をされて勝手にシュンとして落ち込むことほど無駄なことはないので、とにかく気にしないようにするのが一番賢明ですね!

まとめ

なんだかただの愚痴のようになってしまいましたが(爆)、一応そんな感じで対応しています。

人の振り見て我が振り直せとはこのこと。

自分こそ、人にそういう態度をとることがないように気を付けていきたいもんです。はい。

ちゃに
反面教師ともいうね…(´・ω・`)
3年前までは私もコツボネ的存在として会社で正社員をしていたわけだけど、当時の私も自分自身が凄まじいストレスにさいなまれており、それで人に当たってしまっていたこともあったかも…。反省だ~~笑
ぴのこ

とりあえず、今は彼女の態度を気にせぬように対応してはいるものの、やはり無駄なストレスが妙にちびちびと蓄積されていることは確か。

お蔭様でモヤモヤしていたわけですからねぇ。

かなりささやかな小さなストレスだけど、だからこそ、何という無駄な精神力の浪費…!!!

相手の負の感情に流されぬように気を付けなければ…!

こんな時、そもそも一年の期限付きで入社させてもらっているパートの自分の身がありがたい…(*´ω`*)

そこはホントに彼女に感謝❀.(*´◡`*)❀.

ずっとここで働き続けるわけじゃないと最初から決めているので、その分だいぶ気持ちは楽なのでした♪

>>関連記事:正社員から無職、そしてパート生活...で超ハッピー!お金がなくても超ハッピーなこの状況を説明します。

-ハッピーライフ
-, ,

Copyright© ひだまりぐらし , 2019 All Rights Reserved.