生活情報

海外にいた為免許更新できず…運転免許証が無念の期限失効になった時の手続き方法

投稿日:2018年7月19日 更新日:

こんばんにちは!

高校を卒業する前に取得した運転免許。

私は普通車のAT限定でのみ運転できます。

それからウン十年。

いえ、十ウン年。笑

無事故無違反でゴールドカード!

完全なる優良ドライバーとして日々運転にいそしんできました。

ですが、なんと。

2018年2月をもって、無念の免許失効となってしまったのです…!

理由はその時イギリスに滞在していたことにありました…涙

ちゃに
たまたま免許更新の年に私を置いてイギリスに滞在してたんだよね!
イギリスに行く前に免許更新のことなんて全然考えもしてなかったから、日本にいる親から連絡来た時はビックリだったよ〜汗 もちろん帰国後に速攻で免許を取り戻しました!
ぴのこ

今回は私のように海外に行っている間に運転免許更新に出向けず、免許失効になってしまった方の為に、免許を取り返す手続きについて紹介します!

免許失効になってしまった理由

先にも述べましたが、今回なぜ免許失効になってしまったのか。

実は、運転免許更新の案内葉書が届いたのですが、その更新月にイギリスにいた私はもちろん更新手続きに行けず…。

結果、免許更新が出来なかったことが原因です。

これはちょっと盲点というか、渡英前に全く気付きませんでした。

本来は、イギリスへ行く前に次の何月に自分の免許更新が必要かを確認して、自ら先に手続きに行かねばならなかったようです。

代理で誰かに手続きをしてもらうようなものではない為、必ず自分が窓口へ行って手続きせねばなりません。

私の場合丁度今年の2月が免許更新の月であり、その時日本におらずイギリスにいた為に、やむなく免許失効となってしまったのでした…。

心配せずとも大丈夫!免許は簡単に取り返せます!

免許失効だなんて聞こえも悪いし、あぁ…ショック…

と、思っていたのですが、電話して尋ねたところ、下記の条件で簡単に免許の再交付を受けることができることが分かりました!

  • 失効後6ヶ月以内であれば試験免除で免許の交付を受けられる。
  • 海外出張や病気入院中などでやむを得ない理由で失効してしまった場合は、失効後3年以内(その理由がなくなった1ヶ月以内)は試験免除で免許の交付を受けられる。
  • どちらの場合も適性試験(視力)のみ行う。
  • 通常の免許更新の時同様、講習がある。

 

申請の場所

申請の場所は、各地域の運転免許センターです。

私は県の運転免許センターで手続きしましたが、そこから遠いところにお住まいの方は、各市町村の運転免許センターでも手続きが可能なようです。

ここはそれぞれ地域によって可不可がありますので、直接問い合わせされることをオススメします。

 

受付時間

私の県の場合は月曜から金曜日の平日(祝日、年末年始を除く)午前8:30~9:30という、朝一番の早い時間帯だけの受付で、午後の受け付けはありませんでした

また、可能な限り9時ごろまでには窓口へ行って手続きをした方がいいそうです。

もし遅れると、講習が午前中に間に合わず、午後の講習に回されてしまう可能性があるとのことでした。

ちなみに私はそれを知らずに10時半頃に行ってしまい、その日は受付けてもらえず…涙

また翌日行く羽目になったのでした…。

だいたいどこの県でも似たような感じだと思いますが、私のようにならない為にも、免許センターに行く前には受付時間をしっかりと確認することをオススメします!

 

必要なもの

手続に必要なものは下記の通りです。

  • 免許更新案内の葉書
  • 失効した運転免許証
  • 住民票1通(6ヶ月以内に発行された本籍が記載されてあるもの。コピー不可。)
  • 証明写真2枚(6ヶ月以内に撮影されたもので、縦3cm×横2.4cm、帽子をかぶっていないもの、背景は無背景)
  • 失効について理由のある証明書(医師の診断書、パスポート等の客観的に事実の証明できるもの。)
  • 日常的に使っている眼鏡やコンタクト(視力検査の際に必要です。)
  • 収入証紙代(私の場合は4,650円でした。)

証明写真はスーパーなどの外にある自動の証明写真機にある「免許証用」という物で撮れば大丈夫です。

住民票は今回免許センターへ行く前日に市役所へ行って住民票を戻す手続きをした際についでに発行してもらいました。(発行費は300円でした。)

 

番外編・海外から一時帰国中で、日本に住民登録がなく本籍記載の住民票が用意出来ない場合(県内に一時滞在する方)

私の場合はイギリスから本帰国をしたタイミングで免許の再交付の手続きをしたわけですが、海外へ滞在中に免許失効となってしまい、その後一時帰国をするタイミングでも手続きはできるようです。

その際は必要となるものが若干変わってきます。

  • 上記に記載した書類一式
  • 戸籍謄本又は戸籍抄本
  • 一時帰国先を確認する書類(一時帰国の滞在先の滞在主の住民票の裏面に、滞在者との続柄、滞在期間等を記入したもの。)

一時帰国先を確認する書類についての記載例は下記の通りです。

ぴのこは私の長女であり、平成29年9月12日から平成29年9月20日までイギリスから一時帰国し、私方に滞在しています。

平成29年9月15日

世帯主署名 印

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上のものを持って運転免許センターへ行き、いくつかその場で書類を記入し手続きと視力検査をしました。

私はゴールドカードの優良ドライバーなので(言いたいだけ。笑)、30分の優良ドライバー向け講習を受けて、ついに新しい免許証をゲットすることができました。

ちなみに、何か違反をして免許失効になったというわけではない為、新しい免許証ももちろんゴールドカードです(*'ω'*)

一点お伝えしておきたいのは、免許失効後は再取得するまでは無免許の状態となります

その為、まかり間違っても、新たな免許証をゲットするまでは、車を運転しないようにしましょう

当たり前ですが、免許失効の状態で運転してしまうと無免許運転となり違反となります。

とにもかくにも、これから海外へ渡航されるという方で、実は免許更新月が近づいている方には、是非この記事を読んで、日本を出る前に先に手続が必要なことに気付いて貰えたら幸いです!笑

-生活情報
-, ,

Copyright© ひだまりぐらし , 2019 All Rights Reserved.